忍者ブログ
Ti amerò per tutta la mia vita
☆あるじ☆
HN:
gira(じら)
性別:
女性
自己紹介:
千万人と言えども吾がゆかん。

☆好きな作家先生(敬称略)☆
かわい有美子・高遠琉加・ひちわゆか・木原音瀬・榎田尤利・杉原理生
(893、ファンタジーなどどうしても苦手です)

☆好きな声優さん(敬称略)☆
しばらく細谷佳正一筋

☆好きなsinger&Band☆
RADWIMPS・YUI・Darren Hayes(Savage Garden)・Flumpool・Humbert Humbert・The Cranberries・ 小島麻由美・坂本真綾・ほか多数

Twitter ID:
shiroganekasumi
☆本棚☆
☆月日☆
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
☆コメント☆
[10/12 花]
[06/20 yyggrrqq]
[01/04 aoikaze]
[12/08 熊仔]
[11/26 泽良木]
☆満喫☆

歯科医院向け開業税理士
☆Custom D.☆
Custom Drive
☆B.CONFLICT☆
BROTHERS CONFLICT
☆スト☆マニ☆
☆BLUE ROSES☆
☆あしあと☆
☆おさがし☆
☆douban☆
[260]  [258]  [254]  [255]  [251]  [253]  [252]  [250]  [249]  [248]  [246

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

兎さんと狐さん

前阵子微博狂转的故事,头脑一热就翻成日文了……
弱弱滴求挑错orz

另,原作者没有查到……如果有哪位知道请告诉我m(_ _)m
原来这张图和这个故事很老了,原作者尸油小炒肉,我只是无断转载+翻译orz

拍手[2回]




Photobucket

2月14日

兎さんは失恋しました。
それは悲しい一日でした。
「ハッピーバレンタインデー!」と
酔っ払いになった彼は、へらへらしながら手にしていた愛の棒を目の前にいる人に贈りました。

Photobucket

2月14日

狐さんのバーに、一人のおじさんがやってきました。
「僕、失恋しましたよ。ハッピーバレンタインデー」
とへらへらしながら狐さんに言いました。
いつも沢山の愛をたやすく手に入れる狐さんだが、こんな気の毒ほどのバレンタインプレゼントを貰うのは初めてでした。

Photobucket

言い切れると、兎さんは泥になってすっかり酔っ払いました。
狐さんはちょっと戸惑ったあと、愛の棒を手にとって、バーの片隅に置きました。
その片隅に、狐さんが幼い頃にもらったぬいぐるみは一匹ありました。
「はい、ハッピーバレンタインデー」
とそのぬいぐるみに苦笑しました。

Photobucket

次年
2月14日

兎さんは再び失恋しました。
「いっぱいいっぱいの愛がほしいのと、彼女は言ったよ」
ゆううつそうに、兎さんはこう口を開けました。
「だけど、いっぱいいっぱいの愛を捧げると、いっぱいいっぱいのお金のほうがもっと好きだと言われたよ」
そして、もうなんの用もなくなった「いっぱいいっぱいの愛」を他の人にくれました。

Photobucket

2月14日

狐さんはもう一度変なプレゼントを受け取りました。
「おい」
と狐さんはひとため息をつき、苦笑しました。
そして、その大きなハートを抱いてどうしようもなくなりました。
「贈られないプレゼントを俺にするなよ」と酔っ払いになった兎さんの耳に触って囁いました。

Photobucket

すると今年のバレンタインに、ぬいぐるみの側でプレゼントがもう一つ増えました。
「ハッピーバレンタインデー」
狐さんはぬいぐるみのふわふわした耳を撫でて微笑みました。
だれも皆狐さんを愛していたけど、狐さんはなんとなく寂しさを覚えました。

Photobucket

一年後
2月14日

兎さんはもう一度失恋しました。
とても大きな愛を背負ってバーにやってきました。
「ハッピーバレンタインデー」と乾杯し、カウンターに突っ伏せて悲しく泣き出した。

Photobucket

2月14日
バレンタインデー

「まだ失恋か。面倒な奴」
酔っ払いの兎さんを見て、狐さんは頭の痛みを覚えながらも、瓶を持って兎さんに寄り添いました。自分が口元を緩めたことも知らずに。

こうして毎年の2月14日、兎さんは失恋しました。
少年からおじさんになるまで、失恋しつづきました。
一方狐さんが、恋人たちが行ったり来たりしても、毎年のバレンタインに側にいていたのは、いつも失恋中の兎さんだけでした。

Photobucket

そして、今年の2月14日

兎さんは酔っていません。
おかしそうに、狐さんはプレゼント抱いていた兎さんを見つめました。
「今年、僕、また失恋していません」
兎さんは真っ赤になりました。
「も、もし、失恋になったら、僕のプレゼントをもう一度受け取ってくれますか」
「あたりまえだよ」狐さんは少しうつになりました。
「じ、じゃ…す、好きです…」

「……まいったな、俺はどう答えてもあんたには損がないじゃないか」
笑いが顔に出ないように、狐さんは精一杯顔を強ばせました。
「どうせ結局的にあんたのプレゼントを受け取るのは俺だからね」
「す、すみません」
兎さんは深く顔を伏せて、彼の目を見る勇気もありません。
「馬鹿だな」

Photobucket

end
PR

No Title
兎さんは失恋しました。
そこの「は」を「が」に変更したらいかがでしょうか。
がっという助詞は 初めてそのことを話す時に使用するもの、その次また同じことを話しますと「は」を使用する という習いがあるらしいです。(ほかの所もありそうなので、一々指摘しませんから堪忍して~)
Re:No Title
>兎さんは失恋しました。
>そこの「は」を「が」に変更したらいかがでしょうか。
>がっという助詞は 初めてそのことを話す時に使用するもの、その次また同じことを話しますと「は」を使用する という習いがあるらしいです。(ほかの所もありそうなので、一々指摘しませんから堪忍して~)

受教m(_ _)m
明天来改orz
【 管理人gira(じら) 2011/03/27 00:02】
No Title
这个好像是尸油小炒肉的图+故事?

如果我没记错的话…主要是图片看不到所以看文字觉得好像是的。
Re:No Title
>这个好像是尸油小炒肉的图+故事?
>
>如果我没记错的话…主要是图片看不到所以看文字觉得好像是的。

哦哦,找到作者了……俺要不要撤图= =
算了先放着好了【喂
【 管理人gira(じら) 2011/03/27 20:27】
No Title
超。。。可爱的。。。两个笨蛋的故事 >_<
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne